画竜点睛

本日書かせていただきます。岸田(英)です。
先日の試合、お疲れさまでした。結果は去年と同じ順位で終わってしまいました。
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、思うような活動ができなかった一年になりました。
でも、できる限りのことはしたのかなとは思います。

まず率直に、昨日の試合はとても頑張りました。球際での戦い、限界まで出し切る運動量、体を投げ出しながらのプレー、GANSらしくない部分の可能性をみることができました。
心のどこかであきらめていた部分を、最後の最後で自分たちはできると選手たちに見せつけられるようでした。
これは去年にも似たようなことを感じましたが、今年はそれ以上でした。
3期生が繋いでくれた2部参入戦への挑戦権。その試合も負けはしましたが、どうもあの試合の1か月前くらいから選手たちの雰囲気が変わっていったのを覚えています。
どうやら4期生は戦うべきところに力を発揮するのが上手な代だったのかもしれません。
いい意味でよく期待を裏切られることが多かったです。
全体的に、華奢で小さい選手が多いGANSですが、今年は特にその傾向が強く、フィジカル面でのごまかしがきかない分、技術力と思考力に重点を置いたスタイルを貫いてきました。
最後の試合もやはり身体能力勝負には分が悪すぎる印象でしたが、要所要所で見せる賢くて巧いプレーは3年間の集大成を感じれました。
まあ、なんていえばいいのか、そこまで選手たちと年齢も離れてるわけでもないし、下手したら兄弟とかでもおかしくはないような年齢差ですが、中学生のあっという間の成長には毎度毎度驚かされる毎日です。
昨日と今日ではまるで別人かのように変わる選手も少なくはないです。
実際に今回の高円宮では心身ともにこの短い期間で大きすぎる成長をしている印象です。
最後の試合では、ほとんどの選手が今まで見たことのない一面で戦っていました。少しでも目を離したら簡単に通り過ぎて行ってしまうような選手たちの成長を見逃さないようにしたいなと思いました。

3年生に聞いたところ、受験モードに切り替える選手が半分、まだまだやります選手が半分という感じでした。ここからは各々が目指す道が変わってきます。
サッカーで高みを目指す者、勉強に力を入れる者、サッカーとはお別れする者、それぞれの選択があると思います。
残りのGANSでの活動に悔いの残らないよう全力で頑張ってください。

周りを見て、情報を取り入れて、適切な判断、対応をする。サッカーのテーマでもありますが、サッカーと現実はつながっています。自分なりにGANSで培ったものをかみ砕いて活かしてみてください。きみたちならできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です