切磋琢磨

今年も「VIVAIOフェスティバル in 波崎」に参加させていただきました。

毎年恒例となってきている極寒の中の雨での試合や、空き時間の少ないスケジュールの中での試合やトレーニングを通して、またひとつ逞しく成長していく選手たちの姿を目の当たりにしました。

今回の遠征にはテーマがありました。そのテーマにまっすぐと着実に向かい合える選手や、難しいと頭を抱えて悩みながらも自分なりのチャレンジをしている選手などがいました。この二日間で力をつけれた選手もいれば、まだ伸び悩んでる選手もいます。その姿勢や成長は十人十色です。

ただ一つだけ、共通して言えることは、誰1人として諦めて投げ出している選手がいないということです。

今回の遠征のテーマは、継続と積み重ねによって誰でも自分のものにできることだと思います。今日できなくても明日。明日できなくても明後日。焦る必要はありません。少しずつでもいいので確実に自分の力に変えて欲しいです。

確かな手応えと自信を遠征から持ち帰り、これからのサッカーに活かしていければいいなと思います。

 

感覚との決別。理由と現象の関係性。判断と駆け引きのせめぎ合い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です