心配りは、心配と書く。

1期生の卒業が近づいている。

17名の卒業生のために2年生の保護者を中心にプレゼントを用意してくれている。

手作りのプレゼントを贈る理由は、「お世話になったから」らしい。

GANSは生まれたばかりのチームですが、ガンズイムズが出来てきている。

先日の練習でヒデコーチに話した。

3年生に足りない部分があるとしたら、我々が反省しなければならない。

自分のサッカー観に自信を持ちすぎてはいけない。

「もっと成長させられたはず」と猛省する。

でも、この長男達が居たから学べたんです。

「次はもっと!」って我々スタッフが成長する気持ちになれています。

GANSのテーマは「逆転」でした。

でも、私の感じは少し変わってきました。

在り来たりですが「成長」こそが求め続けてきた形です。

唯一の1期生には、高校生活でもどんどん成長していってほしい気持ちです。

 

サッカー選手として、

人として、

他者との勝ち負けじゃない自分の成長を追求してほしい。

後輩達の贈り物は、そんなエールを送るという事だと理解しています。

全てに対し、感謝しかありません。

 

公式戦が終わっている今こそ、理想の自分に向かって挑戦するべきです。

最後まで向上心を持ってやり切ろう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です